略歴 / Biographie / Biography

Guy DESSAPT
Guy DESSAPT

1938年 フランス国、ソーヌ・エ・ロワール県、クルゾ市に生まれる。

  
1955年 ヴェルサイユ宮殿の『鏡の間』の壁画を修復した、 アトリエ、“ダーバル”へ、美術学、及び装飾美術学の勉強のため入る。

 

1960年 モロッコでの二年間の兵役の期間終了後、フランスへ帰国。

 制作活動開始。 アルルの地へ、豊富な光を描くため移り住む。

 

1961年 南フランス、サン・トロペ (Saint-Tropez) へ移住。

 

1965年 渡米、仕事と生活の場所としてニューヨークへ移住する。


ー 以後、アメリカとフランスを往復しながら、世界各地で数々の個展を開催。


1980年 モンテカルロ国際現代美術グランプリ入選。カンヌ国際絵画大賞入選。

 

1991年 初来日し個展を開催。好評を博す。

  

ー 以後、毎年アメリカ(ニューヨーク)、日本を中心に積極的に個展活動をし、 各地で絶大な人気を誇る。


1999年 VISA JAPAN2000年カレンダーに選定される。

 

2000年 九州石油の2001年カレンダーに選定される。

 

2003年 日清紡の2004年カレンダーに選定される。

 

2010年 合成株式会社の2011年カレンダーに選定される。

 

2011年 合成株式会社の2012年カレンダーに選定される。

 

2011年 来日展 (札幌三越、三越仙台、京都大丸、名古屋三越、東急本店)

 

2012年 来日展 (大丸心斎橋店、高松三越、東武百貨店船橋店)

 

2012年 南フランスより、イル・ド・フランスへ移住。

 

毎年日本各地、有名デパートにて、来日展を開催。

Biographie
 
1938   Né au Creusot en France.

 1955   Il entre à « l’Atelier Derval » pour suivre des cours d’art décoratif.
 
1960   De retour du Maroc après 2 ans de service militaire, il se fixe à Arles pour peindre la lumière provençale.
     
1961   Réside à Saint-Tropez pendant 4 ans pour trouver encore plus de lumière.
 
1965  Il part aux U.S.A. où il décide de rester vivre et travaillerà New York City. Fréquents voyages entre l’Europe,  les U.S.A. et Mexique.
 
1987   Premier « one-man show » à la “Gallery Revel”, New  York, où il reste d epuis en permanence.
 
1991     Premier voyage et « one-man show» au Japon à Tokyo.
 
Continue ses expositions aux U.S.A. et au Japon, reste vivre et travailler en France dans son atelier Île-de-France.

Biography

 

Guy Dessapt was in in 1938 at Le Creusot in France. In 1955 he began to study painting and decorative arts at Atelier Derval. He continued to travel and study in Venice, Rome and Florence in Italy. 

When he returned to France in 1960 he settled in Arles and discovered the great light of the Province. He continued to paint and travel to the United States where he stayed for several years. In 1987 he conducts his first one-man show in New York and he has become a regular gallery artist where his work remains permanence. In 1991 he had his first one-man show in Tokyo and continues his success.